新久千映の まんぷく広島 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) によって 新久 千映 無料のEpub形式

新久千映まんぷく広島 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

04/06/2020 21:48:00, , 新久 千映


新久千映まんぷく広島 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) によって 新久 千映 無料のEpub形式 - 新久千映まんぷく広島 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)をお探しですか? この本は著者が書いたものです。 この本には143ページページあります。 新久千映まんぷく広島 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)はKADOKAWA/メディアファクトリー (2014/11/21)によって公開されています。 この本は2014/11/21に発行されます。 新久千映まんぷく広島 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)は簡単な手順でオンラインで読むことができます。 しかし、それをコンピュータに保存したい場合は、今すぐ新久千映まんぷく広島 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)をダウンロードできます。. この本を見つけたり読んだりすることにした場合は、新久千映まんぷく広島 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)の詳細を以下に示します。

新久千映の まんぷく広島 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)の表紙

によって

4.2 5つ星のうち 17 人の読者

ファイル名 : 新久千映の-まんぷく広島-メディアファクトリーのコミックエッセイ.pdf

ファイルサイズ : 19.48 MB

内容紹介飲んべえ女子のひとり酒マンガ『ワカコ酒』が累計20万部突破! 大ブレイク中の漫画家・新久千映さんが、地元広島のおいしいご当地グルメを紹介! 宮島で最も長く牡蠣を焼き続ける「牡蠣屋」、他県からのリピーターも絶えない絶品あなご握りを出す「おゝ井すし」、県内一勢いのある若手シェフによるイタリアンの「トラットリア・ピッツェリア・ポリポ」など、とっておきの広島グルメを食べつくします!! 『ワカコ酒』の出張編も読める♪内容(「BOOK」データベースより)大ブレイク中のマンガ家・新久千映が地元広島のぶちうまグルメをご紹介。牡蛎穴子お好み焼きなどの定番グルメから繁華街のど真ん中で食べるうにクレソン、客自らが包丁で切るホルモン天、実力派シェフによるイタリアンまでとっておきの広島グルメを食べつくします。著者について広島県出身。2006年『コミックバンチ』増刊号(新潮社)にてデビュー。単行本『ワカコ酒』(徳間書店)、『Yeah! おひとりさま』(朝日新聞出版)が発売中。著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)新久/千映 広島県出身・在住のマンガ家。2006年『コミックパンチ』増刊号(新潮社)にてデビュー 川上/佳代 広島の編集制作会社コンセプトワークの代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

新久千映まんぷく広島 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)を読んだ後、読者のコメントの下に見つけるでしょう。 参考までにご検討ください。
東京から地元の広島に戻った「ワカコ酒」作者が、地元の旨いものを紹介して(食べまくって)いる作品。編集のカトー氏と、案内人の川上氏(86乗り)が多くに同行している。お好み焼き、牡蠣と言った広島定番のほか、ナナゴや焼き肉やら、絵も食欲をそそる。広島に行く人増えるだろうなって出来。「ワカコ酒」の番外編もあり、ドラマ化が決まったとある。女優さんが誰になるのだろうか、楽しみ。「孤独のグルメ」の女性版っぽくなるのだろうか。ところで、カバーの紹介に川上氏が「名古屋案内人」となっているのはミスプリかな?